NEWS ABOUT US HISTORY&AWARDS WORKS INFORMATION LINKS

株式会社ランダムハウスは1979年に設立。ラジオCMといえばラジオ局や広告代理店が直接制作するのが普通だった時代に、他に類を見ないラジオCMのスペシャリスト集団としてスタート。設立当初から従来の常識をくつがえす数々のラジオCMを制作しました。

広告業界が未曾有の活況を呈した1980年代。劇作家・寺山修司が亡くなる直前に出演した「ソニーカセットテープ/色と音」、叙情溢れる「サントリー角瓶/父が飲まなかったウイスキー」など個性溢れるCMは、後にACCパーマネントコレクション(CM殿堂)にも選出されました。

1990年代、いわゆるバブル崩壊後もアイデアや情感のあるラジオCMを次々と制作。「サントリー山崎/作家のキープボトル」「味の素ほんだし/おいしい音クイズ」「JR東海/京都キャンペーン」「フジカラー・スーパー写ルンです/サウンドロゴ」などがACC最優秀賞を受賞しています。90年代後半にはラジオCMの編集方法も6mmテープの切り貼りからノンリニア編集へと進化します。

21世紀に入りインターネットなど他メディアとの融合の波がラジオの業界にも押し寄せてきます。そんな中、従来のラジオCMプロダクションの枠にとらわれず、J-WAVE「DoCoMo Xmas Special Drama」「J-WAVE25シアター☆マツモト」「Tokyo FM Copywriters' Street」など、良質で個性的溢れるラジオドラマ制作にも領域を拡大しています。

現在製作中です。

トップページ